レンタカーでマイクロバスを借りるなら

コースター、リエッセ、ローザ、シビリアンターボのレンタル料金

大人数での旅行など、便利な車両としてマイクロバスがあります。
マイクロバスは一般的には、家庭で保有されていることは少なく、そのために、ほとんどの場合レンタカーを借りることになり、この場合、留意点としては、必要となる免許、車種によるスペック・料金を事前に確認をすることがあります。

 

マイクロバスに必要な免許

まず、レンタカーにおいては利用できるマイクロバスのサイズとして、総重量8,000kg未満、車両重量5,000kg未満、全長7m未満という条件があります。
そのため、最低、限定無の中型免許が必要になります。
また、送迎で利用する場合には二種免許も必要になり、使用条件に合う免許を保有していない場合には、マイクロバスのドライバーも含めて依頼をするか、免許保有者を新たに探す必要があります。

 

トヨタレンタ楽ティブ

スペック・料金に関しては、車種やレンタカー会社によって若干の違いがあり、トヨタレンタ楽ティブの場合、コースターが該当します。

 

コースターは26名または29名が定員となっており、料金は、6時間まで27,000円、12時間まで35,640円、24時間まで41,580円、以降1日(24時間)ごとに29,160円必要になります。
また、超過した場合には3,240円/時となっています。

 

タイムズカーレンタル

タイムズカーレンタルの場合には、リエッセとローザが対象車両となり、それぞれ29人が定員となります。
料金は、6時間まで27,972円、12時間まで34,020円、24時間まで39,960円、追加1日(24時間ごと)34,020円、追加1時間ごとに3,456円必要になります。

 

タイムズカーレンタルでは、マイクロバスのリースに補償コースを設けており、ここでは、免責補償コースとして、24時間、2,160円で利用をすることができるようになっています。

 

JNレンタカー

JNレンタカーでは、対象車種として、シビリアン、コースター、リエッセ、キャラバンコーチの4タイプが設けられていおり、ここでのマイクロバスのレンタルは、特徴として1日単位となっている点があります。

 

シビリアンターボの場合、定員25人、24時間18,800円、48時間37,600円、3日間50,200円、7日間100,600円、超過1時間につき3,240円、超過1日につき12,600円となります。

 

因みに、シビリアンには他にノンターボ車があります。
この場合、定員数29人、24時間15,800円、48時間31,600円、3日間43,160円、7日間89,350円、超過1時間3,240円、超過1日11,550円となり、ターボ車に比べて、より安く利用することができるようになっています。

 

なお、上記の、トヨタレンタ楽ティブ、タイムズカーレンタル、JNレンタカーのマイクロバスのレンタル料金は、2016年9月現在のものですので、変更になる場合があります。必ず、各レンタカー会社に確認の上、ご利用ください。

 

トラックのレンタカー

人ではなく、荷物を運びたいという人には、マイクロバスよりもトラックが良いでしょう。

 

トラックのレンタカーについては、こちらのページをチェック!

関連ページ

トラックの運転方法とコツ
はじめてトラックを運転する方のために、トラックの運転方法とコツをまとめています。ルームミラーと内輪差とマニュアル車など、普通自動車との運転の違いに十分に注意しましょう。
運転手付きレンタルトラック「レントラ便」
レンタカーやトラックに関するお役立ち情報を集めたカテゴリです。引っ越しや荷物の運搬で、初めてトラックをレンタカーで借りる人必見です。
リースで借りる
トラックのリースについてまとめました。トラックリースのメリットとデメリット、トラックリースの審査、日野、いすゞ、三菱の2トンや4トントラックのリース料金相場、さらには税金控除の扱いはどうなるかなど記載しています。
ハイエースのレンタカー
ハイエースをレンタカーで借りるためのお役立ち情報です。ハイエースの人気4車種ハイエースバンにハイエースワゴン、ハイエースコミューターとハイエースロングの特長やサイズや人数や積載量などを比較。オリックスレンタカーとニッポンレンタカーのハイエースのレンタル料金。ハイエース以外でレンタカーできるバンの車種名もおまとめ!