お役立ち情報

運転手付きのレンタルトラック

格安料金の引っ越しで大注目されているのが、運転手付きレンタルトラックのレントラ便です。トラックと運転手セットでレンタルできることから利用者が急増しています。

 

レントラ便の魅力は、30分からレンタルできる、渋滞・立ち寄り・往復時間は加算しない良心的なシステム、小さな荷物からお引っ越しまで使い方は自由、引っ越しでいらなくなった不要品回収まで対応する、かゆいところまで手が届くサービスにあります。

 

業界初の時間運搬料金性を導入し、まさに引っ越しの大革命ともいうべきき充実したサービスを提供しています。

 

レントラ便のサービス内容と、料金、車種

 

気になるレントラ便のサービス内容はトラックサイズで変わります。

 

単身世帯に選ばれているのが軽トラックです。車には屋根が付いているので雨に濡れることもありません。
30分で荷物を自分でのせるセルフ型なら3510円、ドライバーのお手伝いありなら4390円からサービスを提供しています。
9時間セルフなら2万5730円、9時間お手伝いありなら3万2160円、走行距離61kmを超えると1kmごとに200円が加算されます。

 

1tバンタイプは1時間から利用できます。
1時間セルフなら8960円、お手伝いありなら1万1200円、9時間セルフなら2万9220円、9時間手伝いありなら3万6530円、走行距離61kmから1kmごとに200円加算されます。

 

2t平タイプ(屋根なし)は1時間セルフで1万2090円、1時間お手伝いありで1万3610円、9時間セルフで3万7760円、9時間お手伝い有だと4万1960円となります。
走行距離61kmから1kmごとに300円換算されます。屋根はありませんが、シートをかけるので多少の雨は大丈夫です。

 

2tアルミバン車なら、家族世帯の引っ越しに向いています。
1時間から利用可能、1時間セルフ型なら1万2090円、1時間お手伝い有りなら1万5120円、9時間セルフなら3万9460円、9時間お手伝い有りなら4万9330円になります。

 

レントラ便では、走行距離が61kmを超えると1kmあたり300円が加算されます。この料金は平日料金になっており、祝日の場合は2割増しとなります。また、高速道路を利用する場合は往復代金を請求されます。

 

ただし、料金をうまく値下げできれば、通常の引っ越し業者のほうがお得な可能性もあります。
ダンボールなど資材の提供、家具の梱包、安心して任せられるや丁寧な作業が丁寧なので、安心して任せられるというメリットがあります。

 

引っ越し業者か、レントラ便かは、料金やサービス内容を確認してから決めてもよいでしょう。

関連ページ

トラックの運転方法とコツ
はじめてトラックを運転する方のために、トラックの運転方法とコツをまとめています。ルームミラーと内輪差とマニュアル車など、普通自動車との運転の違いに十分に注意しましょう。
マイクロバスを借りる
レンタカーでマイクロバスを借りるための情報をまとめました。トヨタレンタ楽ティブ、タイムズカーレンタル、JNレンタカーで借りられる人気のマイクロバスの車種コースター、リエッセ、ローザ、シビリアンターボ、それぞれの定員や料金を記載しています。またマイクロバスに必要な免許などの情報も!
リースで借りる
トラックのリースについてまとめました。トラックリースのメリットとデメリット、トラックリースの審査、日野、いすゞ、三菱の2トンや4トントラックのリース料金相場、さらには税金控除の扱いはどうなるかなど記載しています。
ハイエースのレンタカー
ハイエースをレンタカーで借りるためのお役立ち情報です。ハイエースの人気4車種ハイエースバンにハイエースワゴン、ハイエースコミューターとハイエースロングの特長やサイズや人数や積載量などを比較。オリックスレンタカーとニッポンレンタカーのハイエースのレンタル料金。ハイエース以外でレンタカーできるバンの車種名もおまとめ!