トラックの運転方法

普通自動車との運転の違いに注意

MT車

 

一般的な普通自動車を運転している方は大勢いて、ほとんどの方は普段から問題なく運転できているでしょう。

 

普通自動車の場合は、後方確認などを行う際にはバックミラーの他にルームミラーを見て確認するのが一般的です。
安全運転を行う上では欠かすことのできない動作ですね。

 

しかしトラックの場合は、種類によって多少の違いはありますが、箱車と呼ばれているタイプのトラックは、ルームミラーを見ても後方確認することができません。
そのため、安全確認を行うには、フロントガラスの両側前方に設置されている、いくつかのバックミラーを見ながら運転することが必要になります。

 

バックなどを行う際に、十分にバックミラーで確認できない場合では、降車して実際に目で見て確認しなければいけない場面もでてきます。

 

また、忘れてならないのが、マニュアル車の場合。
マニュアル(MT)のトラックには運転のコツがあります。そもそもオートマ(AT)に慣れている人は運転しにくいので、十分に注意してください

 

 

内輪差に気をつけて左折

 

車格にもよりますが、トラックは内輪差が大きいことはよく知られています。
内輪差とは、カーブするときに前輪の軌道と後輪の軌道に生じる差のことで、トラックは普通自動車の約3倍とも言われています。
特に左折を行う際には運転席から道路のようすがわかりづらいため、コツをつかむことが必要です。

 

左折時に関しては対向車との距離感を把握しなければならず、さらに歩行者に十分に注意を払うことも求められています。
具体的には、少し大回りをする感覚で左折すると、内輪差を解消させることができます。

 

普通自動車ではフロントタイヤはドライバーの座っている位置よりも前方にあり、ボンネットがあることが前提です。
対してトラックの場合では、フロントタイヤはドライバーの座っている位置のほぼ真下に位置していて、ボンネットがないことが基本です。

 

このことから、普通自動車よりも大回りしやすい環境にあるので、ホイールベースの長さや車幅の状態等を把握することが必要です。
右折を行う際にも小さな半径で右折するのではなく、できるだけ大きな半径で回る感覚を持つとスムーズに運転することができます。

 

もちろん、右折の場合でも、左折時と同じように歩行者と対向車には十分に注意することが何より重要な運転方法です。

関連ページ

運転手付きレンタルトラック「レントラ便」
レンタカーやトラックに関するお役立ち情報を集めたカテゴリです。引っ越しや荷物の運搬で、初めてトラックをレンタカーで借りる人必見です。
マイクロバスを借りる
レンタカーでマイクロバスを借りるための情報をまとめました。トヨタレンタ楽ティブ、タイムズカーレンタル、JNレンタカーで借りられる人気のマイクロバスの車種コースター、リエッセ、ローザ、シビリアンターボ、それぞれの定員や料金を記載しています。またマイクロバスに必要な免許などの情報も!
リースで借りる
トラックのリースについてまとめました。トラックリースのメリットとデメリット、トラックリースの審査、日野、いすゞ、三菱の2トンや4トントラックのリース料金相場、さらには税金控除の扱いはどうなるかなど記載しています。
ハイエースのレンタカー
ハイエースをレンタカーで借りるためのお役立ち情報です。ハイエースの人気4車種ハイエースバンにハイエースワゴン、ハイエースコミューターとハイエースロングの特長やサイズや人数や積載量などを比較。オリックスレンタカーとニッポンレンタカーのハイエースのレンタル料金。ハイエース以外でレンタカーできるバンの車種名もおまとめ!